国籍喪失による経過滞在者

国籍喪失による経過滞在者

<入管法第22条の2>


出生又は日本国籍の喪失により本邦に在留することとなった外国人について、60日を限り、在留資格を有することなく適法に在留することができる。

※児童手当の支給など、出生のときから行政サービスの対象となりえる。また、国民健康保険など、日本国籍を有していたときから継続的に行政サービスの対象となりえる。


外国人住民に係る住民基本台帳制度への移行等に関する実務研究会(第1回)より