併記名

併記名

実務研究会(第11回)<案>

英語圏の外国人のカタカナ表記を指して併記名と呼び、これを住民票の備考欄に記載する。


仮住民票でも、同様に英語圏の外国人のカタカナ表記を備考欄に入力する案となっている。


実務研究会(第11回)より引用

(関連する論点)

○住民票の閲覧について

閲覧の対象としない。

○住民票の写し等の交付について

写し等の請求があった場合には、請求者、請求事由等を判断し対応する。

○転出証明書について

記載することは不要。

○住基ネットについて

住基ネットには送信しない。広域交付、住基カードによる転出転入の特例、転入通知においても、通知事項としない。

住基カードについて

券面等に記載しない。

○法務省との情報連携について

法務省との情報のやりとりに当たって通知事項としない。